不動産会社の選び方が重要になる田舎物件の探し方

青い空の草原に建つ家

田舎物件への投資はおすすめ?

お金の上にある家

田舎物件への投資はおすすめなのでしょうか?これから不動産投資にチャレンジしようとしている方にも、既に始めている方にも田舎物件への投資について紹介しています。
田舎物件への投資でのメリットは、何と言っても利回りにあります。また、間取りがファミリー向けの物件が多くあることから、一度入居してもらえれば長期的な入居が見込めるという利点もあります。
デメリットは、人の動きが少ないため空室状況が長くなってしまうことがあります。また、家賃が安いことで一部屋あたりの経費率がかさむこともデメリットとなります。
さらに地域衰退などのリスクもあります。田舎物件といっても県によって賃貸状況も大きく異なり、空室率が県全体で30%を超えることもあります。
田舎物件への投資は、都心に比べ空室状況も出やすくなりますが、利回りが高いためお得ともいえます。都心部ではなかなかない15%以上の利回りの物件も多くあります。仮に空室状況となり、70%程度の入居率でも利回り17%の物件を買うことが出来れば、マイナスにはなりません。
これらのことを総合的にみると、田舎物件への投資はおすすめと言えるのではないでしょうか。不動産会社の選び方も大切な要素なので、入念に行うようにして下さい。

ニュース

2017/02/27
田舎物件への投資はおすすめ?を追加しました。
2017/02/27
田舎物件の購入方法を追加しました。
2017/02/27
田舎物件と都心物件の比較を追加しました。
2017/02/27
田舎物件のメリット、デメリットを追加しました。